ブログトップ

Crystal Mind ブログ~ココロのカタチ~

orus34.exblog.jp

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。

心理ゲーム

昨日の夜、知人から、
ある友人の事でどうして接して良いかわからないと
電話がありました。


普通に、話を聞いていて、適当なところで
こうしてみたらどう~?

などの話を展開していたのですが・・・。


しかし・・・。


やってしまいました・・・015.gif


心理ゲーム。



巻き込まれてしまっていました007.gif


相手は、友人の相談をしているのと同時に
様々なゲームをこちらに仕掛けていました。


後で自分の症状から、気がついて・・・ガックシ。


わかりやすく言うと、心理ゲームってこんな感じです。


1.あー言えば、こー言うゲーム

2.はい、でもゲーム

3.自分から仕掛けてきておいて、望むようなものがもらえないと逆切れするゲーム。

4.はっきり言って、関係ないのに、私まで攻撃受ける
どうしてこーなるのゲーム。



そもそも、ゲームとは、アメリカの精神科医、エリック・バーン が提唱した

「交流分析」 でいう、


繰り返し人間関係をこじらせるような、非建設的な結果を招いたりする行動パターン


の事を指します。


で、この心理ゲームとは、人とのコミュニケーションの中で

隠れた動機が伴っていて、しばしば反復的で
表面的には、もっともらしく見える、やっかいな



コミュニケーションの事です。

仕掛けられた者に、最後に何が残るかと言うと


ラケット感情


です。


ラケット感情とは、


無意識に操作された偽物の不快な感情

の事です。



今回のゲームを正式分類すると

1.2. は、 「YES・BAT」 ゲーム

3.は 「キック・ミー」 ゲーム

4.は、「さあ捕まえたぞ」 ゲーム

 
このゲームに当てはまると思われます。


そして、私は、
抱かなくていい、ラケット感情にひたっている始末となった訳でした008.gif


ゲームの結末には必ず、特定の感情を抱きます。

仕方がございません。
ゲームに参加してしまったのですから。


人と人とのコミュニケーションの中では


多かれ少なかれ、このような隠れた動機を伴う、
二重三重のメッセージが隠されている
交流、

破壊的な意図、仮面的交流と言うのがあります。


恩を仇で返す。
相手を挑発する。
罪悪感を起こさせる。

こういったものも全てゲームです。


このゲーム巻き込まれないためには


ゲームに参加しない事。

です。

ゲームは、必ず、自分、もしくは、誰かが、「OKでない」 状態が前提なので



私はOK。あなたもOK。


こういった、健全な人間関係を目指したいものです。




~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2009-12-09 14:02 | コミュ二ケーション