「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Crystal Mind ブログ~ココロのカタチ~

orus34.exblog.jp

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。

<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

以前、ブライアンワイス博士師事、黒岩Drのところの、カウンセリングのお話をさせていただきましたが、
今回は、退行催眠をやりました。

まず、メニューを組み立てます。

周りにいる気になる人との前世の関係、ソウルメイトを見つけたい、今が閉所恐怖症なら前世で何があったのか確かめたい・・など。

私は、生まれる前の中間催眠というメニューで、今世で、どんな生きる意味(使命)を持ってこの世に生まれてきたのか、というテーマで催眠をする事になりました。

仰向けになった身体の上には、クリスタルがチャクラの上におかれ、誘導され催眠に入ります。
私は、以前にも催眠を経験した事があるので比較的入りやすく、あっという間に催眠状態に。

今の歳から、映画のフィルムが巻き戻されているかのように、どんどん過去へ向っていきます。
胎児になり、魂の光が宇宙へ飛んで行ったような映像が映り、気がついたら森の中。

濃い緑の森の中・・ジャングル??と思ったら、向こうに光が。光の向こうには小さな湖があり、そのほとりに一人の女性がたたずんでいます。
白い服を身にまとい、穏やかで優しい表情で一人で立っていました。
そこは静かで良い空気の流れている神聖な空間。
背後には洋館のような建物が。外国かな?

私はまだ森の中。これが前世?ちょっと不思議な感覚のまま催眠は続きます。
私はその女性のいるところまで歩きます。

傍まで行ったとたん、私はその人の前で泣き崩れました。
とても大きな声で、すがるように泣き続けていました。
女性は、全てを知っていたかのような優しい表情で私をそっと抱きしめてくれます。
そして、女性は私に言葉をかけてくれました。

「随分辛かったのね。
よくここまで頑張ってきたわね。
生きる道を迷い、恐かったのでしょう。
ここで涙が枯れるまで泣き続けなさい。
涙が全てを流してくれる。
楽になれるよう、苦しみを開放しなさい。
弱くていい。思い切り崩れるようにお泣きなさい。
生きていくのは辛い事もある。
だけど、ヒトには弱さの中から生まれる真の強さがある。
それを手にしたら、本当の愛の存在になる。
その愛を待っている人が、たくさんいる。」


「自分を信じることで、愛の形は変わっていく。
マイナスの感情を身体の外へ吐き出して、空にした、まっさらな心にプラスの幸せをいれましょう。」


・・・どうやら、私は、中間催眠で過去世へ行くはずが、ハイヤーセルフ(高次元の存在)に会いに行ってしまったようです。

そこは、高次元の世界、その女性はハイヤーセルフでした。
以前の催眠もハイヤーセルフのところへ行ってしまったのですが、数回のセッションでハイヤーのところへいけるのはまれなんだそうです。
臨死体験をしたことのある人間は比較的つながりやすいと聞いたことがあるのですが、そのせいでしょうか?

ハイヤーセルフは、このように全てを知っていたかのような、優しい言葉をかけてくれる存在です。

実際の私の目じりから涙がこぼれていて、しきりに先生は拭いてくれています。
胸が苦しく呼吸が浅くなりました。
不思議な事に、先生まで苦しく感じたようで咳込んでいました。

どのくらいの時間がたったのでしょうか・・2時間弱くらいでしょうか。
大変疲れるワークですが、今の私にとって非常に大切な経験となりました。

いつも思いますが、始める前は、催眠のイメージや、先入観や、期待感で、半信半疑だったりするのですが、ちゃんと、映像や言葉が見えてくるのが本当に不思議です。

顕在意識を取り去り、潜在意識だけを五感で感じていくのがこの催眠ですが、深く掘りさげた場所にこうして、未知なる本来の自分の姿が現れてくるんですよね。

生まれる前の中間催眠というメニューで、今世で、どんな生きる意味(使命)を持ってこの世に生まれてきたのか、というテーマとは違う誤算なカタチでしたが、今の私は潜在意識の部分でハイヤーを求めていたのかもしれません。

心の袋の中のマイナスの感情を吐き出し空っぽにして、それからプラスのエネルギーを注ぐ。
そうする事でプラスのパワーも、幸せも、どんなに満ち溢れる事でしょう。


それをする事の出来る真の強さを手に入れた者が、愛ある存在になる。

この部分を認識して、顕在意識に取り入れ、バランスをとること。
ここがこのワークのテーマなのでしょう。


~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2007-08-17 22:58 | 心のケア