ブログトップ

Crystal Mind ブログ~ココロのカタチ~

orus34.exblog.jp

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

潰瘍性大腸炎という病気は難病です。

他にも、難病指定されている病気は50種類以上あります。

この、潰瘍性大腸炎の患者さん、または患者さんの家族の方が立ち上げたコロンの会というのが神奈川県にありますemoticon-0171-star.gif
地域によっては、IBD友の会という名称だったり、難病連での活動があったりします。

昨日は、その神奈川コロンの会の総会に初めて参加をしてきました。

潰瘍性大腸炎は、症状を軽くすると言われている薬で、騙し騙し様子を見ていくしかありません。

そして、悪くなったら入院。良い状態になったら退院。
これを繰り返す 「再燃-緩解」 型という特徴があります。

詳しい内容は当ブログのカテゴリの 「潰瘍性大腸炎」 に記載してあります。

この患者さんの多くは見た目はいたって健康的で、病気を患っている人には見えないって事があります。私なんか典型ですemoticon-0124-worried.gif

身体の症状は良くても、またいつ再燃するかわからない中で、緩解維持している時は、働いて経済状況も維持しなければなりません。
しかし、日常を普通の感覚で過ごしていると、人との付き合いもあり、消化に悪いものやアルコールなど口にする機会も増えるでしょうemoticon-0167-beer.gif

時間が不規則になり、身体にはストレスもかかるでしょう。

そして、一見健康的に見えてしまうので、周りも遠慮はしないし、本人も「普通」の感覚でハメをはずしたかったりします。

そうして、再燃し、また入院。
ステロイド投与、絶食・・・という流れを繰り返しますemoticon-0106-crying.gif

ちゃんと身体に気を使い、人との付き合いをおさえ、規則正しく過ごし、食生活にも気を配り、東洋治療にも積極的に取り組み、ヨシとされるものを試し、再発防止のために、あれこれ手を尽くしたとします。
確かに、こうして、自分の身体の信号に目を向けて気を使うということはとても良い事です。

しかし、それでも、再燃する時は再燃し、悪くなる時は一気に悪くなります。
なぜ難病にかかったのかも不明な上に、完治させる薬もなければ、良い状態にするために手を尽くしてもカンタンにその切なる思いは裏切られたりします。

難病の恐ろしい現実ですemoticon-0101-sadsmile.gif

昨日の会では、治療中組、オペ済み予後ケア組、様々な段階におられる方とお話してきました。

息子さんが潰瘍性大腸炎だというお母様がこんな事をおっしゃっていました。

「私が不安定な状態でいると、息子はどんどん悪くなる。逆におおらかな気持ちで、しゃんと構えていると、息子の状態はどんどん良くなる。親子だからなのかわかりませんが、以心伝心じゃありませんが、伝わるんですよね。だから、私がゆったりした気持ちで接する事を心がけているんです。」

これって、本当にそうなんですemoticon-0144-nod.gif
私が再発する時も、決まってよくない緊張感を抱いている時や不安定な心の状態の時だったと思います。この病気をしていなければこういった身体の信号がないので知らずに自分に無理をしてしまいます。そういう意味では、かなりわかりやすい状態でしたemoticon-0117-talking.gif

一言では言い表せられませんが、あの会の中で言わんとしていた事は 「精神面の健康」 が一番だという事です。

難病を抱える者にとっては、日々の暮らしで受けてしまう心や身体の負担は否めません。
更に追い討ちをかけるかのように、この潰瘍性大腸炎は患者数が年々増え続けているせいか、難病指定から外される可能性がありますemoticon-0124-worried.gif

まだ完治させる薬が見つからないのに、難病指定から外されてしまうと、ばく大な治療費を払わなければなりません。
多少、身体の調子が悪くても頑張って働いて経済状態を維持するので精一杯なのに、今後更に治療費や入院費を払う事になると、何ともやりきれない思いでいっぱいになります。

そこで、こういった会を結成し、患者が日常生活の生き辛さや様々な思いを、厚生労働省に訴え続けているから、難病指定外になることをかろうじて止める事ができているわけです。

誰かが第一人者となって、このような会を立ち上げなければ、患者の痛切な生の声が厚生労働省に届きません。素晴らしい運動をされている事、皆で手を取り合おうとしている姿、素晴らしいと思いましたemoticon-0137-clapping.gif

会長さんは80代の男性の方で、潰瘍性大腸炎を60歳で発症、他にもパーキンソンと戦いながらこの会の運営に積極的に取り組まれています。
とっても気さくで、背筋がしゃんとしていて、表情がとても素敵なジェントルマンです。

自然な笑顔、振る舞いを拝見しているだけで、勇気づけられ、また、学ぶものもありました。

会計をされていた方は、去年、難病がきっかけか存じ上げませんでしたが亡くなられたと聞きました。
享年50歳だったそうです。

難病と共に生き続けるのは大変です。病気をした方も、それを支える家族も。
この人生で、何が一番大切なのか。
難病を通して、気がつく事、知る事、出来る事はたくさんあるのだと思います。

私は心理カウンセラーという資格をとって、つくづく考えさせられています。

心の問題も大切だけれど、身体が健康だからこそ、心の状態に目を向けられる。
いくら心にプラスの言葉を投げかけても、身体に痛みが伴っていると、とてもじゃないけれど心に目を向けるような、そんな余裕はなかなか持てません。むしろ生存の危機を心配しなければならない状態もあります。

身体に何も問題ないとしたら、そんな幸せな事はありませんemoticon-0157-sun.gif

この人生で、何が一番大切なのか。
そんな事を考えながら、自分の心と身体によりいっそう目を向けて、ぜひ自分を慈しめたらと思います。

~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2008-05-26 23:08 | 潰瘍性大腸炎
カウンセラーは、CLのお悩みの問題を解決するための心理療法の他に、お話を 「聞く」 という部分のテクニックをも学んでいますemoticon-0117-talking.gif

カウンセラーに限らず、会社の経営者や、部下を多く持つ上の立場の方、コンサルタントや営業など、あらゆる場所で、いろんな立場の方にも必要な事なのかなと思います。

自分の話を聞いてもらうのはカンタンだけれど、人の話を 「聞く」 というのは、そう簡単な事ではありません。

傾聴の勉強会でこのテクニックは奥が深いなあと、改めて感じました。

いくら心理学を学び知識と技術を得ても、CLの中で起こっている感覚や流れに寄り添う事をせず、テクニカルな部分で先導しても、うまくいかない場合があります。

エモ-ショナルな部分にばかり気をとられていると、問題の解決になかなか進みません。

CLの内側で起こっている流れに寄り添いながら、テクニカルな部分を提供する。
これが、優秀な人が行う傾聴技術だと思っていました。

ところがこれでは、まだ、CLは心を開かない場合がありますemoticon-0112-wondering.gif
なぜなら、話を聞く側の人間が・・・平たく言うと 「偉そう」 にしている時があるからですemoticon-0103-cool.gif
必要なものを全て兼ね備えた人が偉そうに話を聞いてるような感じです。

本当にCLが心を開き、聞いてくれている、と感じるのは、話を聞く側の 「人間らしさ」の部分を感じた時です。
その人のかもし出す雰囲気や 「らしさ」 が 「聞く」 技術にとても大切なエッセンスなのです。

聞いてもらえてる、この人になら心を開いてお話できるかも・・・
話を聞いてもらいたい側がそう思う時って、聞く側も、心を開いて向き合っている時です。
そして 「その人らしさ」 をCLが感じた時ですemoticon-0144-nod.gif

これは、カウンセラーでなくても、どういう環境のどんな人間関係でも、信頼関係を築き、コミュニケーションをするのに大切なポイントなのかもしれません。

もともと肩書きなんてとってしまえば、皆ただの一人の 「人間」です。
ハートがオープンになった時に、安心感を感じるのは、共通の感覚です。

普段いえない悩みを知らない人にお話しするCLにとっては、お話を聞いて欲しい反面、警戒心があることがあります。
それは当然です。
カウンセラーという人間は、そこをごく自然に 「聞く」 事をし、そこにテクニカルを提供する。そして「人間らしさ」を忘れない。


これは、紛れもなく 「芸術」 の粋ですemoticon-0155-flower.gif

さて、カウンセラーなどの専門職以外での皆さんの人間関係でも、ぜひ、生かしてみてください。
カウンセラーのようにやるのはさすがに難しいので、まずは、相手のお話を丁寧に 「聞く」 事をして、充分に労ってあげてください。 お話される側の気持ちを大切にして、あなたらしさをかもし出してみてください。emoticon-0111-blush.gif

初めは、人の話を聞くことの難しさを痛感するかもしれません。

でも、相手に対し、ハートをオープンにしていれば、すぐつかめるでしょう。

誰でも、自分の話は、よーく聞いてもらいたいものです。
だったら、聞く側の「人間」というのも、うまくやってみてくださいemoticon-0136-giggle.gif
とっても喜ばれる上に、誰に対してもとっても役に立つ技術だと思いますemoticon-0148-yes.gif

~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com


  
[PR]
by ortus34 | 2008-05-21 02:05 | 実存主義コミュニケーション
自分の身体に目を向けると、たくさんの声が聞こえてきますemoticon-0129-call.gif

仕事や人とのお付き合いなど、日常で巻き起こる外側の部分に目を向けることが多くて、身体や心の信号になかなか気がつかないか、後回しにしていること、多いと思います。

そして今、身体の症状は明らかに普通でない、でも、病名がつくのかつかないのか、微妙なよくわからない症状を感じる人、多くいると思いますemoticon-0141-whew.gif

例えば、頭が重い、体がだるい、朝の目覚めが快適でない、やる気がおきない、食欲がない・・・かといって、そんな状態ばかりかというとそうでもなく、ちゃんと快適に楽しく過ごしている日々もあったりして。

そんな状態の事を、「鬱」と呼ぶ人もいるかもしれないし、「心身症」と呼ぶかもしれない。
ただ単に「心が病んでいる」と表現する人もいるでしょう。

で、原因は 「ストレス」 となるのが多いですね。

確かに、ストレスはあらゆる病気を引き起こすものですから、何も、こういった症状に限らず、何でもストレスは病の引き金です。

しかし、ストレスを全く抱えていない人など、この世にどのくらいいるでしょうか?
実は、皆「明日はわが身」 ですemoticon-0104-surprised.gif

ストレスとどううまくお付き合いをしていくか・・それだって一人一人のお付き合いのカタチがあるので、この辺の感覚はそう単純なものではありません。

幸いにも今の時代、代替医療といいますか、様々なアプローチがあります。
サプリメント、漢方、針治療に、ヨガ、カウンセリング、リラクセーション・・・

風邪を引いたら風邪薬、頭がが痛くなったら頭痛薬・・と、そう単純にいかないのがこの着目している部分です。

色々方法は試しているけれど、なかなか良くならないとしたら
「原因はたった一つではない」 という事もありえますemoticon-0117-talking.gif

頭が重いので、頭痛薬を飲んだ。すると頭痛は治まった。
しかし、頭痛を引き起こした本当のきっかけの部分を根治する事にはつながりません。

例えば、人とのスムーズではない交流や会話の中に頭痛のきっかけがあったとします。
その緊張感から肩や首の辺りが異常に張ってしまった。
その部分を放置して、次々にそんな交流の繰り返しをすると、今度は自律神経のバランスを崩した。
そして精神面が不安定になり、気がつくと、頭痛や不眠、意欲減退と症状は増えるばかりemoticon-0101-sadsmile.gif

何かがきっかけで起きた症状がきっかけで、更に違う症状を引き起こし、そんなふうに蓄積されていたとしたら、頭痛薬では納まりが効かなくなります。

何か不調を感じた時、記憶のフィルムを巻き戻すかのように、その不調のきっかけを探し出し、根こそぎ解決するために今何をするか、考えて見ることも良いと思います。

そしてこれから人間関係の在り方をどうするか、自分のいつもの行動パターンをどうするか、スケジュールの組み立て方をどうするか、夫婦や子供、大切な人とのコミュニケーションをどうするか・・・って事を考えていく事が、必要になっていくわけです。


お話は変わりますが、私が以前引き起こした潰瘍性大腸炎という病気は、原因不明ですが、自律神経系の自己免疫治療で緩解維持を期待している患者さんが多い事が最近わかりました。

当時(10年前)の私は、自己免疫異常というのも、この病気の原因の一つだという事は知っていましたが、治療をしてくれる機関は、知らなかったか、まだそういった治療がなかったのかなと思います。

この自己免疫異常というのも、交感神経と副交感神経が正常に働いてくれないのが要因ではありますが、遺伝でもなければやはり原因なんてわからないし、やはり 「ストレス」 となってしまうのかもしれません。
私は手術しましたが、遅ればせながらこのあたりに着眼して、根本的に診てもらおうかなと都内のあるクリニックへ予約の電話をしたら・・

なんと、非常に混みあっていて、4ヶ月待ちだとかemoticon-0104-surprised.gif
他も数件あたってみましたが、やはり時間がかかるようです。

時間もかかりますが、お金だって自費診療で、そんなに安くはないのに、世の中に、こんなに自律神経の部分に着目して自己免疫の治療をされている方が、たくさんいらっしゃるとは改めてびっくりしましたemoticon-0104-surprised.gif
そんな中でも、自分の心や身体に目を向けて、治療や改善に取り組んでいる方が多くいらっしゃる事に、少し安心感と、やはり危機感を覚えました。

自律神経失調症というのは、割合としてホルモンのバランスを崩しやすい女性に多く3人に一人とも言われています。
精神面は、なかなか人には伝わりにくい部分でもありますし、心の内側を表現する事って、難しい事なのかもしれません。

ストレスというのは簡単ですが、その、ストレスの重さは、どんな時、どんな感覚で感じるものなのか、その時に身体の症状はどうなる事が多いのか、あらゆる人間関係や状況の中でじっくり感じてみると良いと思います。

そして、人と人は、そんな時こそ寄り添って、支えあって生きていくものですemoticon-0157-sun.gif

寄り添い方を間違い、自分よがりな打算のために人を使う人間もいるのだろうから、ストレスが溜まり、精神面の安全の確保が難しくなるのですemoticon-0106-crying.gif
心の病を引き起こす人間関係や環境を作り出さないためにも、
「そもそも」の根本的な心や生き方の仕組みに目を向ける事が大切なのかなと思います。

私もそんな時代で生きている人間の一人。
今何が大切か。これから、何が必要なのか。
考える事も、優しさや愛も、まずは心の健康ありきですemoticon-0152-heart.gif

~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2008-05-19 17:12 | 心のケア