「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Crystal Mind ブログ~ココロのカタチ~

orus34.exblog.jp

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日、何気なくチャンネルを合わせてみていた 「世界ウルルン滞在記」 emoticon-0134-bear.gif

俳優の大東俊介さんが、ニューギニア島にいるバテロ族と共に過ごすお話でした。


バテロ族が住んでいる村は小さな村で、村の皆で力を合わせて生活をしています。
大東さんも、村の男の人たちと同じ格好をして、バテロ族の皆さんとしばらく過ごしながら、感じた思いを伝えているのを見ていたら、こちらの心にも響いてきて、はっと思わせられましたemoticon-0144-nod.gif

「イメージしていたジャングルと、実際のジャングルは全然違う。」
自然の実態を目の当たりにした様子でした。

村の男達と一緒に狩りに出かけて、小さな獲物を目の前にみせられ、
「お前がとどめを刺せ」といわれ、弓矢で首元にグサッと、とどめを刺す大東さん。
一見あどけない顔をしている獲物なんです(名前を忘れましたが)。

「これが狩りや・・・」
表情には笑顔がありません・・

一家の大黒柱である男達が狩りをして、家族たちの食糧を手に入れる。
久しく肉を食べていなかっただけにその日はご馳走。
女性や子供たちが料理する。

「いただきます」ってこういうことなんやなあ・・
「ご馳走様」ってこういうことなんやなあ・・


彼の口から出てくる言葉には、心からしみじみ感じた素直な思いが伝わります。


バテロ族の暮らす村には、日本で生活必需品となている家電やインターネット、携帯や、車、何もありません。

でも、ここの皆さんは、ものの考え方も、人を思う気持ちも、それぞれの立場を重んじて行動する事も、判断する力も、私たちと全く変わりませんemoticon-0125-mmm.gif

いや、もしかしたら私たちよりも人間らしい心を持っているのかもしれないと思いました。

その上、子供たちはとっても元気で無邪気で、ささいな喜びを全員で体いっぱい使って分かち合います。
大東くんは、村の子供たちに、「変なおじさん」の踊りを教えていました。
子供に混じってお母さん、お父さんも一緒になって踊って大笑いしています。

私たちのように、旅行へ出かけたり、テレビやネットを通して色々な情報を知っていたり、経験や体験は少ないかもしれませんが、私たちが持っていないものを彼らは持っています。
私たちが必要なものを、彼女らは当たり前のセンスで持っています。



村長さんは言っていました。

「便利なものが村にくれば、それを持っているものを羨ましく思い、もっと欲しいと思う。そして、やがて争いが起こる。知らなければ、皆が平等で平和でいられるものだ。」

純粋な心を持っているだけでなく、他人を思いやる優しさの深さを感じさせてくれました。
滅多に来ない、よその国の者を村へ招待し、もてなす姿も、よそよそしい距離もなく、戸惑う事もなく、してあげている感が漂うおごりもなく、自然に、ごく自然に大東くんと心通わせていますemoticon-0128-hi.gif

自然の素材を生かした村の生活必需品は全て揃っています。
心はとても豊かです。 
村全体が優しさで包まれています。

足りないものなんて何もないように見えましたemoticon-0117-talking.gif


改めて、日本と比べると、物が便利で、何でも揃っている国のはずなのに、うつ病が増えていたりします。
子供のいじめ問題、殺傷事件に、自殺問題・・・。


人とのコミュニケーションに、
「こんな仕組みや仕掛けがあります。」 「こんなスキルが必要ですよ。」

・・・・なんだか、ばかばかしく思えてきました。


自然というものから、離れれば離れるほど、人間は生物としてエラーが起こるのだろうなあ。


最後の別れのシーンは、なんだかウルウル・・・
まさにウルルン滞在記でしたemoticon-0100-smile.gif


~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2008-06-30 12:06 | コミュ二ケーション
最近、飛び込んでくる事件、ニュースをみていると、気持ちがどーんと重くなります。
まるで心の中も梅雨入りですemoticon-0156-rain.gif

秋葉の事件から改めて思いますが、一連のニュースからは「心の闇」の深さを感じます。
あれからネットでの犯行予告なる書き込みの何と多い事か。続々逮捕されていますね・・。

また、一方では、自殺者が3年連続3万人強と報じられ、その大半が20代~30代というからびっくりです。

今、アダルトチルドレンに関する情報を取り扱っているのですが、リサーチ中に、ある書き込みを見てかなりの危機感を感じましたemoticon-0121-angry.gif
5年前にAC情報を調べた頃と比べると、何かこう、性質が悪い感じです。

例えば、心の病は親のせい。友達のせい。学校のせい。
被害意識があって、一時的に誰かのせいにして、心を開放することは、健全な状態を取り戻す心理療法の一部にもありますから、誰かのせいに、なにかのせいにして吐き出す事は構わないと思います。

しかし、最近の傾向は、その 誰かのせい が、被害者意識に拍車がかかって、良くない状態を助長するかのように膨れ上がらせている感じがします。

そして、心の病を盾に、自分は悪くなくて、被害は自分の心の中だけではなく、親や、他者へ怒りの矛先が向けられていくようです。

アルコールや暴力、依存を克服するために自助グループというのがあって、ここでは、「言いっぱなし。聞きっぱなし。」 「外部に個人の情報を漏らさない。」 こんなルールがあります。

必要以上に人の話を掘り下げたり、質問したり、情めたりは一切しませんemoticon-0127-lipssealed.gif

でも、その場に浸るだけで、同じ痛みを分かち合えるものと共に、真の涙を流す事ができ、蓄積していた怒りや悲しみを開放して、少しずつでも回復へ向うのです。

このように、懸命に取り組んでいるACもいる中で、ネットのあるサイトでは、この言いっぱなし、聞きっぱなしの観点をはき違えているのか、わかっててやっているのか・・・言いたい放題、書きたい放題・・・、脅しや、親や他者への悪態など、乱暴な表現ばかりでしたemoticon-0106-crying.gif

確かに心の闇は、自分でもどう扱ってよいのか、どう開放してよいか、わからない場合もあります。
繊細な問題だけに、ちょっと扱い方を間違えると余計歪んだ状態を生み出します。

複雑に迷い続けて欲しくないと切に思います。

どうせ生きているなら、今までが荒んだ環境で身動きできずに苦しんできたのなら、
今より少しましな方法を、今日より少しましな明日を思う事をして欲しいと思っています。
少しずつでも何かが変化します。

秩序や良識が乱れている時代、モラルが問われる時代、何が正しくて、何が間違っているのか、良くわからないし、そんな中にいるといやでも乱れちゃうかもしれません。

でも、負けないで欲しいと思っています。

他者へ怒りをぶつけるエネルギーがあるなら、自分の闇と未来に立ち向かうエネルギーとして使うことだって出来るはずです。

前にも書きましたが、人の心は繋がっています。
一人じゃないです。一人の良いエネルギーはやはり良い波紋となって広がります。

自分のたった一つの 「命」 大事にして欲しいと願ってます。


~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2008-06-20 08:50 | 心のケア
弟子入り心理療法というものがありますemoticon-0102-bigsmile.gif

催眠療法家、Mエリクソンが開発し治療効果をあげた心理療法の流れを受け継ぎ、日本の心理療法家達が提唱したものです。

Mエリクソンは、たくさんの障害をもって生きていましたemoticon-0101-sadsmile.gif

彼は先天性の色盲で紫色しか判別できませんでした。
幼少期には失音楽症で、人が歌っている姿を音楽とわからず、口をパクパクさせている風にしか見えませんでした。

17歳で小児麻痺を患い、49歳で破傷風の血清病にかかり、激しい痛みと発作の繰り返し。
65歳から車椅子の生活、68歳から筋力の低下で舌や頬を思うように動かせず、やがて目の焦点を合わせることが困難になり、好きな読書を諦めます。

晩年には聴力の障害に脊髄炎、痛風、肺気腫。

生涯を病と闘い苦しむことになりましたemoticon-0106-crying.gif

しかし、その苦しみを機に自己催眠を自分であみ出し、痛みの苦しみをなんとか乗り越える事ができ、医学部を出て精神科医として、亡くなる前の週まで働き続けたそうです。

そして、Mエリクソンは、自分で出来る事は決して人の手を借りず、どんなに時間がかかっても自分でやりました。
たくさんの障害をもっていても、彼はとても楽天的でした。

障害を妨げとは考えず、豊かな自己表現を行う事に利用しましたemoticon-0142-happy.gif

                    ~参考図書 弟子入りカウンセリング~


昔読んだ本で記憶しているこんな言葉を思い出しました。

「アドバイスをするときは次の二つの時に限る。
「求められた時と、命に関わる時だ」」


誰かに何かを教える立場の人間や、目の前に悩んでいる人がいたら、つい上から、こうしたらいいんじゃないか?あーしたらいいんじゃないか?と、アドバイスをしたくなりますemoticon-0117-talking.gif

自分の経験談を話したり、覚えた知識や技術を教えたくなります。

一見すると、悩んでいる人のために親切な事をしている風に見えますが、アドバイスをするという事は自分の価値観や考えの押し付けをしているに過ぎないだけ、の場合があります。

悩む相手に対し、本当に必要なセンスは、アドバイスをする事ではなく

「無能な聞き手」

に徹する事です。

つまり「アドバイスは一切しない」 ことが、この弟子入り心理療法の提唱しているところですemoticon-0127-lipssealed.gif

悩んでいる人は、アドバイスを受けて、確かにそれもいい方法だと頭ではわかったとしても、
実際の生活の中で行動していく中で、そのアドバイスが身の丈ににあっているものだったか、
自分の状態に使えるものとしてヒットしていたか、改めてジャッジする時が来ます。

自然な生活の流れの中で確実に前進できそうな、ちょうどよい解決方法を、やっぱり最終的には自分で決めていたりします。

実は、どんなに困っていても、問題に対するベストな解決方法を、他の誰でもない「本人」が、一番良く知っているんです。

どんなに悩んでも、これまでに誰かに何かをアドバイスされても、おせっかいにも何か世話をしてくれる人がいても、最終的には、その時の自分の状態に最適な道を、自分で決めているんです。


アドバイスが好きな人は、どうしてもアドバイスしたくなってしまうのかもしれませんが、そのような時には、逆に「悩んでいる人に教えてもらう」という「無能な聞き手」のセンスでその場にいてみてくださいemoticon-0116-evilgrin.gif

ワンダウンの立場をとることによって、悩んでいる人の言葉を引き出してあげる事ができます。そして、身の丈にあうちょうどよい解決方法を自分で考え、自分で見つけ出す自己治癒力の向上をお手伝いする事ができますemoticon-0148-yes.gif

問題や原因を探りたくなる人もいますが、このアプローチは、ベストな解決方法を探し出す事を目指しています。

「解決してあげる」の感覚を捨てて「教えて」の感覚に切り替えると、悩んで八方塞なカオをしていた人は、「自分で解決しなくちゃ」「自分の力で治さなくちゃ」のセンスを身につけ、乗り越える力を見つけ出していくんですemoticon-0148-yes.gif

必要な事は、Mエリクソンのように、自分の力を最後まで信じ続けること。
どんなに難解な事でも、どんなに時間がかかっても。
聞き手はベストな解決方法を本人が見つけ出すために、優しい気持ちで教えてもらってください。



このアプローチは、とてもシンプルで効果的なものです。
親子の関係や、仕事場での関係、友人関係など、日常の生活でぜひ活かしてみてくださいemoticon-0100-smile.gif



~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2008-06-15 00:55 | コミュ二ケーション
昨日、街を歩いていたら、大勢の通行人が足を止めて大きなスクリーンを見上げていた。
なんだろうと思っていたら、秋葉原で不特定の人を次々に刺し、25歳の男性が逮捕されたというニュース。

「世の中が嫌になった」 のような事を供述していたようです。


被害を受けたご遺族の方に、心よりご冥福をお祈りいたします。

この人の内側で起こっている出来事が、世の中の事として拡大し、全く関係のない人を最悪な事態に巻き込むなんてことは、あってはならない事です。

最近では、このような無差別的な連続殺人の事件を聞きます。本当に恐い世の中です。

街で隣を歩いている人が、突然ポケットからナイフを取り出すかもしれないなんて考えると、日本は平和だという概念が覆されそうです。

今回の事件は秋葉原で起きましたが、問題は場所ではなく
「人」の心に潜む 「闇」 が深くなっている事
を問題に感じています。

平和じゃないのは、人の心の中なのかもしれません。

様々な要因が考えられると思います。

学校教育、家庭環境、職場の環境、あらゆる人間関係。

今の時代の背景には色々な問題があります。
究極、生きていくのに、生き辛さを感じている方もいらっしゃると思います。

スクリーンで今回の事件を目の当たりにする前に、人身事故で電車が遅れるというアナウンスを駅のホームで聞きました。
人身事故はほとんど自殺だと聞いていて、若者(特に30代)の自殺が年間でどんどん増えているのは何故だろう?
なんて、知人と話していた矢先だったので、重ね重ねショックを感じていました。

こんなに豊かな国なのに、同じくらい、心が貧しくなっているようです。
趣味、趣向が増えるのはとても楽しい事なのに、ネットで好きなだけ好きな事書き込める世の中なのに、それでも、心は満たされない。むしろ、反対の方へ向っているようです。

このような問題は決して他人事ではありません。
全ての出来事は、人の心で繋がっています。

今、何を考えることが大切なのか、何を始める事が大切なのか、一人一人の変わる力を、幸せの力を、エネルギーに変えて欲しいと願っています。


健康で愛のあふれる、豊かな心を取り戻せたらと、つくづく感じています。
[PR]
by ortus34 | 2008-06-09 13:58 | 心のケア