「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Crystal Mind ブログ~ココロのカタチ~

orus34.exblog.jp

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

女子フィギアが先ほど終わりました。

どの選手も見事で、自己更新記録を出す選手も多く
素晴らしかった。


オリンピックは、魔物が住んでいる。
最後の最後まで何が起こるかわからない。


と、よく言われますが


この


魔物というのは

自分自身の中に潜んでいるものなのだろう。


厳しい練習やトレーニングを経て
待ちに待ったオリンピックでは
練習して上手くいったときのように
自分の中のベストな滑りが出来たら


と、誰もがそう思っているはず。


でも、そこには凄まじい重圧というものが
選手たちを襲い、様々なプレッシャーをかけていく。


国を背負ってのプレッシャー

大騒ぎをして注目している人々の目

ライバルとの熾烈な戦い

完璧な滑りをして大歓声を浴びている
選手の次にすべる気持ちというのは
私達が想像もつかないほどの、領域だろう。


逃げ場のない、追い詰められていくような
緊張やプレッシャーに打ち勝たなくてはならない。


自分の中の 「何か。」


例えば、予感。ホンの一瞬の躊躇。
失敗したらどうしようとよぎる思い。


失敗した時に立て直せなくなる感覚。


目標としている記録がもう出せないかもと
滑りながら感じた時。


最高の舞台で最高の演技をするのだけれど、
いろんな事が頭をよぎっていくだろう。



長かったというかあっという間の4分間だった。
と、フリーの演技を終えた浅田選手は言った。

その後、言葉を詰まらせ
マイクを向ける記者にしばらく何も答えられないほど
悔し涙が溢れていた。


滑り終えたばかりの
悔しくて悔しくて仕方がない浅田選手に

イヤホンで音楽を聞きながら準備していた時は何を思っていたか?

といったような質問をしてマイクを向けていたが


何故そんな質問をするのか・・・。
そんな事などどうでもいいではないのか。


とめどなく、悔しくて涙が溢れていて、
それでも一生懸命応えようとしている
浅田選手が、

とっても可愛そうになった。


キムヨナ選手に逆転して金メダルを取るんだという
強く、最高の目標を持っていただけに、そして
それが可能なところにいただけに


あの2つのミスは悔しかっただろうemoticon-0106-crying.gif


でも、今回のオリンピック女子フィギアは
かなりのレベルであり、想像以上に
選手たちのメンタルの強さを感じた。


プロといえる者達に共通していえる課題は
技術はもちろんだけど、最終的には


メンタルが鍛えられているかどうか。


金メダルをとったキムヨナ選手は

実は誰よりもプレッシャーをかけられていたのではないかと思うほど
厳重な体制でオリンピック入りをしていた。
ボデイガードのような怖そうな人が何人も周りを取り囲み、あの国あげての持ち上げ方は
逆に相当の重圧とプレッシャーに感じるだろう。


キムヨナ選手は、技術も演技も素晴らしかった。
そして、何と言ってもメンタルが強かった。

歴史史上初の高得点だった。


浅田選手は悔しかったかもしれないけれど
世界で2番目に強く、素晴らしい銀メダルを獲得した。

過去に浅田選手を襲ったスランプを乗り越え
オリンピック女子フィギア至上初のトリプルアクセル
を成功させた。

自分の中の挑戦に挑み、成功させ、素晴らしい結果を
日本中に与えてくれた。

十分自分に勝ったと思う。


更に


安藤選手も5位
鈴木選手も8位


日本人選手が全て

10位以内に入ったことemoticon-0171-star.gif


本当に誇りに思います。


勇気や力をもらいました。emoticon-0100-smile.gif


浅田選手は、まだまだ可能性を秘めている選手だと思うので
ますます、応援したいと思いますemoticon-0115-inlove.gif




~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2010-02-26 15:52 | 心のケア
私達は、

ただ、

この世に生まれてきました。


目の前で起こる現実に
いつも、何かを感じてきた。


身体いっぱい幸せを感じて
次の日を迎える時もあれば、

悔しさや悲しみを感じて
次の日を迎える日もある。


この世で私達が出来る事ってなんでしょう。


結局は、


目の前の人生の 「課題」 に
ひたすら向き合いながら

生きていくだけ。
ただそれだけの事なのかもしれません。


でもそれは、とても素晴らしい事。



私達は

人の期待に応えるために
生きているわけじゃないし

人に嫌われないために
どうにか生きているわけじゃない。


生きることが苦しくなる時


自分のために生きることを忘れ
何かに執着して、心捉われて生きている時。


最近、知人と色々な話をしていて、
ふとゲシュタルトの祈りを思い出しました。


フレデリック・S・パールズ(1893~1970)というドイツの精神医学者
がローラ夫人と共にゲシュタルト療法という心理療法を創始しました。


Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。


Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。


und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。


ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。あなたはあなた。


und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。


wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。



人の、ありのままの姿を、ありのままに見る。
ありのままの現実を、あるがままに受け入れる。

そうすると、目の前の頑なに思い込んできたものが
いかに、どうでもよいことだったかを


知る事になる。


あなたも私もありのまま。
あるがまま

ただそれだけ。



生命体の自然の姿。


ただ、この世に生まれてきた、
生まれたときのまま。


~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2010-02-19 01:17 | 実存主義コミュニケーション

最近、業者さん数人と会う機会がありました。


車の査定をしてもらうために、
一日かけて、立て続けにお話をさせてもらいました。

この日は雨で寒くて、ずーっと雨の中、立ちっぱなしで
対応していたと言う悪状況でしたemoticon-0156-rain.gif


でも、出来るだけよい条件で折り合いがつけばと意気込みは
維持していました。


こういった査定+交渉のようなやりとりには
会社のカラーもでますし、個人の人間性もはっきり出るものですねemoticon-0112-wondering.gif


5人いたら5人とも全く違う切り口です。


ある方は、他社の査定額や他の会社名ばかり気にされていて
自社の言い訳?説明?を延々30分くらい聞かされて、帰られました。


またある方は、おべっかから始まって(笑)

車のグレードやらオプションやら細かい事を聞くのですが

中古車情報をパソコンで開き、この車と同じものは
市場でこのくらいで売っているから、ここからマイナス40万くらい
引いた価格が今回の査定額だと、強気で言い続け、最後に
おべっかでしめて(笑)帰られました。


今ここで、うちで決めてくれたらあと10は考える。
だから、後のアポは全てキャンセルしてくれと言って来るところもemoticon-0101-sadsmile.gif


でも私の希望額より随分低く、市場的にもこれが精一杯だと
きっとどこの会社もそうだと言っているので、

もう諦めようと思いましたが、
約束している業者さんだけは全てお話してみようと思い、
後ほど連絡をすることに。


ふう。

なんだか、疲れたな・・・。


なんて息つく暇もなく


別の会社の方が査定に見えました。


この方はまず、声の張りと表情が他の方と違い
寒い雨が降るどんよりした空気の中、
明るい雰囲気がありました。


細かい事を聞くわけでもなく、
車をぱっと見て、走行距離やオプション、諸々をさっさと調べ
車検証などから、グレードや他の情報を短い時間で把握し

少し、沈黙があった後

さらっと今までの会社の苦し紛れに出した査定額を
大きく上回る数字を言いました。


それぞれの会社の事情や立場は
客である私にはわかりませんが、


この方はほとんど私に、心理戦や変な交渉はしませんでした。


「逆に、言い訳から始めたって、会社の事情などお客さんには
何の関係もないことですからね。」


と。

更に、この業者さんは

「こんなにきれいに使っていて、新しい車を査定されようと思ったんですから
よっぽどの訳や思いがあったんでしょうね。

数多くの方とお会いしていると、車に対する思いや、
やむなく手放さなければならないお客さんって、なんとなくわかるんですよ。」



と。


だから、お話したいと思うのはだいたいその辺で
出来るだけ、お客さんの思いと希望の額を考慮して
責任もって買い取りたいと。

そこまで話を聞いて
今まで硬く摘むんできた自分の 「思い」 がするっと解ける様な感覚で
ちょっと、うるっ(TT)ときてしまったくらいです。


本当は・・・

ホントに大好きな車なんです。
大事に大事に乗っていました。

ホントは手放したくないんです。
大事に使ってくれる人に乗って欲しいんです・・・。



降りしきる雨の中、一気に思いを解き放ち、聞いてもらっちゃたりしてemoticon-0117-talking.gif


このくだりが、一つの切り口だったとしても、嘘でも、
営業マンとしては、この方がダントツでした。


他の方との大きな違いは
こちら側のほうの思いを大切にしてくれた事。


私には、この人の人間性の部分は、
本当の事を話しているんだと
映りました。


因みに


査定額もダントツ。
文句なし。


たまたま私が
ラッキーだったのかもしれませんが


営業や人間と関わる仕事をする人は
こういうところで成果に繋がったりするんだなと

しみじみ感じましたね。


心の 「思い」 に触れあえるようなコミュニケーション。


これが出来るかできないか。


本当に、私達人間の最大のテーマであり
それは、仕事だって、プライベートだって
なんであったって、心を繋ぐあったかいパイプと
なっていくんだなと


ここが全てなんだなと


改めて、思いましたね~~。


週末は
最後のドライブ。


楽しんで行ってきてくださいよって。emoticon-0106-crying.gif


事故らないように
行ってきますかemoticon-0100-smile.gif



~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2010-02-18 15:54 | 心のケア