ブログトップ

Crystal Mind ブログ~ココロのカタチ~

orus34.exblog.jp

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

森田療法とは

精神科医(森田正馬氏)によって提唱された心理療法です。


人の悩みというのは、次から次へ沸いてきて、
尽きることがありません。

上手くいかない、思うとおりにいかない、
眠れない、怖い、辛い。


森田療法は、「あるがまま」 を鉄則としています。


今起こっている問題・症状に 「一喜一憂」 していると


その時の気分で、今ある自分は 
いい、悪い、出来る、駄目だ・・・。

このように気分のものさしで、良し悪しを判断してしまう。


この気分本意は、改める必要があります。


天気も、晴れたり058.gif、曇ったり、雨が降ったり057.gif
悩んでも自分の力ではどうにもならない事があります。


私達の気分も同じで、どうにもならないことで一喜一憂せず
まずは、あるがまま、流れるがまま受け止めます。


問題、症状、と、共にいる、症状も自分の一部。


という考え方を森田氏は唱えています。

どういうことかというと、AA(アルコホリック)の12ステッププログラムから
学ぶところがあるようです。少し挙げてみます。

・思い通りにいかないのだということを認める


・私達は「無力」だという事(他人を自分の思い通りには出来ない)


・あるがままの状態を受け入れる(不安な時は不安なまま、緊張したら緊張したまま)


・症状も自分の一部(有害なものと思わない)


・行き詰まりから始まる(どうにもならなくなると、ようやくやり方を変えようとするチカラに変わる)


・認めるとは降参する事(考えややり方の末八方塞になる事で「参った」のキモチを認めそこから新たな考えを受け入れる)


・他者の偉大な力・健康なココロを信じる


・ココロを開き、身をゆだねる


・私達はどう生き、何をしてきたか(徹底的に勇気を持って自分を調べてみる)



さて、森田療法というのは、


心気症、強迫神経症、不安神経症・・などを基本対象にされていて

入院療法が原則です。

入院と聞くと、とても重症で大変な事だと想像してしまいます。


でも私達は、大なり小なり、色々な気持ちの癖を持って生きています。


完ぺき主義、潔癖症、あがり症、

不眠、不安な気持ち、怯え、恐れ・・・。


小さな悩み事から、大きな悩み事まで、
私達は色々抱えていたりするものです。


ですから、

「プチ一人森田療法」

考えてみてもいい気がしてきました。034.gif


森田入院療法では4つの段階をクリアしていくのですが

最初は、外界をシャットアウトします。面接、対話、読書、喫煙、インターネットなど・・・飲食以外、全て。

次は、外の空気に少し触れたり、日記や面談を開始します。

次に、体を使った作業をして外の世界に触れていきます。

最後に、不安や葛藤をあるがままにして外の世界へ適応していく準備をします。



という過程を40~60日間かけておこなっていきます。


ざっとご紹介しましたが


この段階の中で、専門医によって、考える事、感じる事、働きかけるココロ。
もっと、深いところにアクセスして色々な事を調整しています。


よく考えてみると


その昔、私自身、病気により長期入院をしていた頃を考えると
全く、森田療法そのままの生活、もしくはそれに近い入院生活をしていたように思います。



当時の病気は消化器の難病だったため、1ヶ月近くの絶食と点滴の
オプション付です。013.gif

酷い時で2ヶ月に一回再発を繰り返し入院。

難病の特質は苦しかった。

治療も入院生活も苦しかった。

それによりココロにも社会環境にも、色々な支障が出てきました。


この状況は、5年間続きました。


でも、この現実を受け止め、


「これが、今の私のあるがままの姿だ」


外界の生活をシャットアウトされ、
体もココロも思うとおりにならず

何を考えても、何をもがこうと、どうにもならないんだと
思ってからですね。

病気と共にいる自分、傷みと共にいる自分を感じ始めたのは。


病室で、冷静に過去を振り返り、色々な自分を内観します。
そして、これからを生きる自分に何が大切なのかを


ゆっくり考え始めました。


不安や苦痛は、実は今もついて回ります。
葛藤もあります。

当然ですね。生きている以上、当たり前に感じる感覚です。
いいんです。いつ沸き起こっても。


この森田療法でも、大きく変われるのは


自分の中の 「中軸」 なのだと思います。

物事の捉え方、受け取り方、解釈の仕方。

そして、問題や苦痛にたいして、あるがままに受けいれる。
「マイッタ・・・。」 そこから、体の緊張をゆるめて、あるがままの体感を通して、


明日への光に繋げてくれるチカラを生み出していくのだと思います。


日常では、ストレスたまればすぐに飲みにいけるし、映画も見られる。
便利で、気楽に遊べる楽しい事がいっぱいあります。


でも、少し時間があれば、一人森田療法。


ほんの少しのエッセンスでも
何か出来るような気がします。


体験してみると新たな感覚を見出せるかもしれません。
私の体験リポートは、いつかの機会にお楽しみに。001.gif



d0109877_16111178.jpg
058.gif生かしていただいてありがとう御座います058.gif
[PR]
by ortus34 | 2010-04-04 17:36 | 心のケア
・ムー 

・アトランテイス

・インカ 

・猿



今日まで、何の気なしに私達は生きていますが
もともと私達は、この4つのどこかの文明に生きる人でした。


ご存知ですか?


今は、世界各国、色々な国や人種がありますが

日本はかつてムー大陸の一部であり、
その大陸は太平洋の下に横たわっている。

そして、日本は世界の中で最も古い国であり
、再び人類の霊的中心になっている事・・・。


その当時、日本には
ヒマラヤやアルプスより高い山々があったといわれていて、

ムーの時代から後の氷河期には、
象やその他の動物が、人間を含めて、
寒さの厳しくない南に向かって移動したといいます。

南の島々の人々はこれらの移住した人々の子孫だといわれています。

日本から、南西諸島にかけて、海の底には、ムー大陸が眠っています。

与那国島の有名な海底遺跡は、ムー大陸の一部と言われています。


行ってみたいですね・・・。


ムー大陸は、

日本から南方のイースター島や東のハワイまで広がる大きな大陸でした。


ス神が人類の創造のために使った霊的ひながたを
最初に作り上げた場所は、ムー大陸であり古代の日本であったといいます。

古代日本は、全地球を支配する、
高度な文明を持った場所だったようです。


出雲大社の本殿がその昔、48メートルもの高さだったのも、
意味があるような気がします。


人類と通信をするために、
ス神はその子孫であるスメラミコトを、
日本人全体を統治する日本の15人の皇子と1人の皇女を皇帝あるいは聖職者として

世界中の色々な場所に派遣しました。


その中でも、最も優れた者たちには、
メソポタミア、エジプト、インド、インカおよび
カナダの帝国の古代文明が託されたといいます。


彼の統治下で、
ムー大陸の人々が使う2400種類の文字が開発されました。


これらの「神代文字(かみよもじ、しんだいもじ)」は、
今日使われているあらゆる表意文字、音節文字、
アルファベットの起源になりました。

こうして、人類のすべての言語は
日本に起源があるといわれています。


母なる大陸ムー。


エジプトにおいて日本の皇子であるツタンカーメンのシンボルは、
実は、日本の皇室のシンボルでもあります。



菊のマークは、ピラミッドの中に置かれています。
その他のたくさんの日本の遺物とともに、発見されているようです。


ツタンカーメンは日本の「直系の子孫」であることを称えるために
建てられたという事実があるそうです。


ピラミッドは、最初は日本に建てられたといいます。
その理由として語源学の立場からは
ピラミッドは「日来霊堂(ピラミドウ)」と書くことが出来るからだといいます。


み教えによれば、日本の古代における名前は「ヤマト」であり、
それは 「ピラミッドの頂点の国」 という意味なのだそうです。


古代日本による統治の下で、ムー帝国は栄えました。
神社の記録によると、

モーゼやイエス、またモハメッド、孔子、孟子、老子、
そしてブッダなどあらゆる人物が日本を訪れたといいます。


例えばブッダは、52歳で日本を訪れ、ス神に教え導かれました。

ブッダの教えを理解するためには、
それ故、最初に日本のかんながらの道(すなわち神道)
をマスターしなければならないといわれていたそうです。


イエスは十字架ではなく、日本の東北で死んだ。
という不思議伝説なる本を読んだことがあるのですが


調べてみると、実につじつまが合うんです。

 
イエスキリストは18歳の時に日本へ来て苦行を行いました。
23歳の時、垂仁(すいにん)天皇から王の印をもらい、
やがて自分の国へ帰っていきました。

十字架で死んだのはイエスではなく、
彼の兄弟なんですって。


イエスはトラブルに巻き込まれ、磔にあうところをかろうじて逃れました。
そして彼の弟が代わりに処刑された。

彼は十字架の上で死んだ兄弟をいつも賛美した。


逃避行の後、イエスは日本に帰り、
118歳、日本の東北の方で死んだのです。


この地球の、文明の、人種をたどると
とっても辻褄があう感覚を覚えていきます。


ユダヤという名前は日本語の枝(えだ)に起源をもちます。

イスラエルという名前も「五十鈴(いすず)」という、
三重県にある伊勢神宮内を流れる聖なる川の名に由来します。


今、同じ日本にいても、転生されているそのルーツによっては、
皆が全て元々日本人なのではなく
猿人であったり、ユダヤ人であったり、ムーであったりします。


はたまた、他の地球外の生き物であったり、
ムーとアトランテイスが大きな核戦争を起こし

崩壊していった悲しみや恨みを背負った魂で
生きている人もたくさんいるそうです。


世間一般の常識なるものに違和感を感じる人

今の時代になかなか適応できない人

組織体系に馴染めない。常識の枠内、という感覚にしっくりこない。


逆に、

組織、団体の中で当たり障りなく存在していて
世間とはそういうもんだと決めて、不満はあるけれどそこから抜け出そうとは思わない人。



人には色々な考えの人がいるけれど

いっている事に対して、上手く融合できるというか、わかるわ~と思える人と
何を言っているんだか、と、全く理解できない人がいる。


この4大文明のあたりをよく調べてみる事によって
どこの文明や人種から今ここに私はいるのか?


なんて考えてみると面白いかもしれません。


凄まじく世界が変化していきます。
日本ももはや、精神が崩壊しそうな勢いです。


でも、この時代を救うのは

もしくは

これから、何をどうすれば地球を救えるのか


という事がわかるのは


もしかすると日本にいる誰かが
世界を支えるのかもしれませんね001.gif



~Spiritual Quallty Of Life~
☆Crystal Mind☆ 

d0109877_163834.jpg

ご予約・お問い合わせは
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2010-04-01 02:14