嫌われたくない症候群3


母なる大地は、子供の一生の可能性を
無限大にしてくれます。



母なるものをもった母親に育てられた人というのは、
自分に弱点があっても恐れないといいます。


弱点があることで、すごく責められたり、
身が危険にさらされた経験がないからです。


母親との関係でもっとも大切な事は、


自分が自分だから愛されているという感覚です。


都合よく役に立っているからではない。

優れているから愛されているのではない。

ありのままの自分だから、愛されている、という感覚です。



自分は自分のままで認められていない と思っている人と

自分は自分のままで認められている と思っている人では


物事の受け取り方が、激しく違うといいます026.gif


成功、だとか、失敗 の意味さえも違います。


例えば


自分は自分のままで認められていない、と思っている人にとって


成功とは


「評価される事」


心が健康な人にとって、成功とは


「ココロが満足する事」


です。


山を登る時


心が健康な人は、


「自分の力に合った山に登る。」


自分は自分のままで認められていない、と思っている人は


「エベレストに登ろうとする。」


自分の力を知っている人は、無理をしない。

無理をしないから疲れない



本来の人との関係の中では


相手にとって 「都合のよい自分」 ではなく


「ありのままの自分」 


を出していいし、

それで、親しさや信頼 というものが
生まれるものです。


ありのままの自分でいる事に、自分が許可を出していれば、


人の批判に対して、そんなに動揺する事はありません006.gif


嫌われたくないからと、
自分に無理をして人との関係をやっていると
人からの少しの指摘が深い傷となり、
過剰に批判されたと感じます。



腹をわって言い合える関係を作れたなら、
指摘された部分を受け入れ

改善方法の話が出来、

ホンネで話してくれてありがとう001.gif

となるものです。


嫌われたくない人は、それが出来ないどころか、
逆に自分を批判した相手を悪く思い、
更にぶ厚い仮面をつけ始めます。



せっかくの絆を作るチャンスを逃しているんですね。


嫌われる事を恐れている人よりも
嫌われる事を恐れていない人の方が、


周りの人から好かれていることがあります。


八方美人で、人の目を気にしたり、
人に合わせてばかりの人より、


自分の意見や主張を、しっかりと表現できる人の方が
よっぽど信頼できます。



人間関係を築くとは、他人に嫌われないよう振舞う事ではなく
きちんと話し合いを作る環境を作ることです


社会と向き合うには、対立も時には必要です。


戦う事で、自分が生まれてきます。
戦う事で自己を世間に主張できる。
戦う事でココロの砦が作られる。
良い人と悪い人をきちんと見分けるチカラが持てる。


そして

本物のあなたに 「必要な人」 が表れます。


勝敗の如何に関わらず
望むメリットをつくり出します。


嫌われようが嫌われまいが、人生は平等に流れ、皆歳をとっていきます。
どうせ、良し悪しの経験により、成長し続けて生きていくのなら
自分のココロの土台をしっかり作り、生産的な影響を広げていきましょう。001.gif


嫌われたくない・・・。

始めるのは
他人の評価を気にする事ではありません。


自分で自分を「嫌い」でいる事を、やめることから・・・です。


無駄な時間を過ごしてきたと、残りの未来を後悔しないで
生きていきたいものです。



わが人生、悔いなし049.gif


ありのままのあなたの人生を、
あなたが一番大事にしてあげられるように・・・。




~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 




~参考図書~誰にでも「いい顔」をしてしまう人
[PR]
by ortus34 | 2009-08-11 23:51 | 心のケア

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧