弱さの質の違い

一昔前は


私の周りに、精神的に強い人が多くて
私は、蹴落とされている方のタイプでした047.gif
悔しい思いいっぱいしてきました。

もちろん、仕事上での人間関係ですが
プライベートでも

私より、しっかりしている男女が多くて
人として、成長の糧にさせていただいたものです。


今でも、強いとは到底思えません007.gif
せいぜい、生命力くらいでしょうか?

死の淵から、生き返りましたからね003.gif


で、最近、私の事を 

「強い人」 

だと言う人がまわりに多くて、なんだか、不思議な気持ち。



人は、強いだけの生き物では決してありません。


弱いからこそ、世間に打ちのめされて、悔しさを感じ、
精神の学びや成長を繰り返して、人を選ぶ目を養い、

経験の知恵を生かした今を
生きているのではないかと思います。


私は弱虫の塊だった。


だけど強く生きなくちゃ、生きていけない厳しい世界で仕事してました。


弱いから病気もしたし、今でもくじける事はたくさんあります。



でも、


最近の人は、


弱さの質が違うように思います。


強くあるために、弱さをバネに、学んだり成長すると言う
すくすくと、真っ直ぐに、あるべき姿に向って成長をするという
感じではなくて


「ずるがしこく?」 

「とりあえずその場その場で取り繕って?」 

「偽ってごまかして?」



いい子いい子で

社会をすり抜ける輩が多く
そのやり方が巧妙すぎて

自分を見失ってしまうのでしょうね。


立ち向かうのではなく
逃げ方が非常に上手い。


弱い、くじけそうな部分を
立ち上がり、自分を立て直そうとせず

弱さをどうにか取り繕い

自分を偽って、友達関係やっていたり
仕事関係やっていたりしている人が多いですよね。



「勇気」



こんな言葉が浮かびました。





~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 



[PR]
by ortus34 | 2009-12-03 16:50 | コミュ二ケーション

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧