リミテッドビリーフ

先日出かけてきたセミナー

棚田氏のサイコセラピー

は、NLPにゲシュタルトの要素を多く取り入れた手法を使っている。

そして、リミテッドビリーフを扱う。


生まれた時は、人は皆、
まっさらなありのままのココロを持って生まれてくる。

そして、主に親子の関係の中で、


どうしたらかまってもらえるのか?
どうしたらほめてくれるのか?
どうしたら認めてもらえるのか?



親からのプラスのストローク(笑顔、言葉、抱擁など)がもっともっと欲しくて
そのために、いろいろな事を考え始め、いろいろな自分を
作り出していきます。


これって、大人になっても
社会環境の中で、同じ事をやっていたりします。


ところが、

時に、マイナスのストロークもあります


駄目な子だと言われたり、無視をされたり、望む反応が返ってこなかった時、
わかってもらえないと感じた時。

自分の事を
なかなか認めてもらえず

プラスのストロークを得ることが
難しいとなると

作り出された良い子がだんだん過剰になっていきます。


嫌われないために

自分の中に「~ねばならない。」「~べきだ。」

といった
相手の期待に応えるためだけの、努力を
自分に課します。


喜ばせなければならない。
人の役に立たなければならない。
完璧でなければならない



不自然な目標が掲げられ

それはいつしか

目標が達成出来なければ、

自分はだめだ。価値がない。

と思い込んでいる自分の制限。


これが


「リミテッドビリーフ」


このリミテッドビリーフを持ちながら
頑張る努力、たてた目標は、たとえ達成しても苦しいだけ。


ほっとしたのもつかの間。


また、今もっている力以上の自分になって
頑張らなければならず、その無理が(つけが)

大人になっていろいろな症状になって表れてくる。


棚田氏は、オープンカウンセリングで
さまざまな悩みを抱える方の「制限」を外していた。


人に認めてもらうために、無理をして努力する事が
全てにおいて幸せの波紋となるなら、素晴しいことだと思う。


そうではない、不自然な制限、無理な努力、であれば
人に認めてもらう前に、そのままの自分らしさを


まずは自分が認めてあげなくちゃ。
まずは自分が愛してあげなくちゃ。




そんな事を改めて
しみじみ考えさせてくれる


興味深い、時間でした。


~Spiritual Quallty Of Life~
☆Crystal Mind☆ 

d0109877_163834.jpg

ご予約・お問い合わせは
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2010-03-23 21:20 | NLP(神経言語プログラミング)

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧