思いやる気持ち

自分の周りにいる、仕事仲間や、友人、知人に対しては、程よく気を遣い、程よい距離が保たれていて、関係も、問題なく上手くいっていたりします。

一方、大切な存在、一番近くにいるパートナーには、つい、きつくあたってしまったり、思いやりを持った行動や、態度が出来なくなる時があるのは、なぜなのでしょう?

惰性や、自己中心的、甘えや、性格・・・なんかも、あるかもしれませんが、

まず、純粋に恋愛を育む関係において、大好きな人と共に、将来を夢見て、幸せを築こうとするために、誰にも見せない、本来の自分の素直な姿を、隠さずさらけ出すという事を、するでしょう。

お互いに繊細でもろい感情の部分に触れ合うことをするのです。
そして、何よりも、信頼を求めています。

だから、些細な出来事でも、強い不安を感じたり、ショックが大きかったり、動揺したりします。
過去に騙された事のある人や、辛い経験をしてきた人は、とかく恋愛に臆病になってしまいます。

わかってもらえない苛立ち、そういった感情のもつれから、傷つきたくないから、つい、言いたくない事をいってしまったり、したくない行動をとってしまったり、余計ややこしくなっていきます。

本当は、大好きで、お互いの幸せを願っているのに、一度ゴングがなると、収拾がつかなくなります。

私たちは、こうした不満な出来事に焦点があたると、それが全てになって、もう、何もかも終わりのような気持ちになりがちですが、それだけ恋愛は人の感情を根底から揺さぶるほどの威力を持っていて、幸せもショックも大きいという事ですね。

傷つき、苦しい事もあるかもしれません。
でも、そこから、相手のせいにしたり、根に持ったり、という事を始めてしまうと、その先の二人には何も生まれません。
恋愛は、二人で作り上げるものです。自分の欲求ばかり考えていては、良い関係は築けません。

少し落ち着いたら、相手を思いやる、暖かな気持ちを取り戻しましょう。
相手の痛みをも、一緒に感じましょう。
わかってもらえない悲しみを、わかってもらえる喜びに変えてあげてください。

ありがとう、と、ごめんね、は、魔法の言葉ですココロをこめて伝えましょう。

そして、何が問題で、何に不満を抱いていて、何をどうしたら、もっと上手くいくのか、ゆっくり、聞いてあげるのも良いかもしれません。

最終的には、信頼、と、お互いの幸せを望んでいる事が大切です。


そして、程よい思いやりと、気遣いを、忘れずに。
[PR]
by ortus34 | 2007-02-24 00:36 | 心のケア

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧