闇を乗り越えた新しい未来へ

私の行っているカウンセリングのCLさんに、50代の方がいらっしゃいます。

この方は、現在、仕事も順調、ご家族がいて、素敵な新居をもち、一見、何の問題もないように暮らしておられます。
確かに、これまでは何の問題もなく、幸せに暮らしてきたとご本人もおっしゃっています。

さて、初めてのカウンセリング・・、幼少期の出来事から、最近までのあらゆる自分の心の内をはき出すことを始めます。

今までは、心の闇を、全て砂で埋めて足でふんずけて、何もなかったかのように、家族との間で、仕事先の仲間との間で、完璧な人間として振舞ってきた・・
そう、何も問題なく幸せに暮らしてきた、ように、演じてきた自分がいたということに気がついているんです。

お話では、その演技たるや主演男優賞ものです。全くの別の人格が生きているようでした。

カウンセリングを重ねていくにつれ、更に様々な事に気がついていきます。
不思議な事に、カウンセリングって、話をしている最中に、急に、話の内容とは別の
「あ、そうか、話してて、○○は○○だった事に、今、気がつきました」というような気づきが、非常に多いのです。

その気づきは大事なポイントです。

その方は、いくつもの精神的な苦しみを抱えて、誰にも言わずにここまでたった一人で頑張ってこられました。
夜に、一人でいると、闇に襲われて、死にたくなる・・とおっしゃっていました。

今、その苦しみを乗り越えて、砂で埋めた闇を再び掘り起こし、ちゃんと向き合って、少しずつ修理できるものは修理する、ごみとなるものはポイ、使えるものは形を変えて活かしてみるといったような整理が出来るようになりました。

最近では、仕事の内容まで幅が広がり、より覇気があるように感じられて、活き活きしてみえます。

思い切って、心の内のものを吐き出すという事をすると、それだけて、案外すっきりして、今までどんよりしていた重い空気が、ぱっと晴れ晴れした気分になるんですよね。

私は、50数年生きてこられて、何もしなければ、何も問題なく生きていけたかもしれないのに、今このタイミングで、初めて、自分と真っ向から向き合い、深く掘り下げて複雑な問題と向き合い、今ここから始められる一歩を一生懸命考え、実践し、これからの自分を変えていこうとする、このCLさんは、素晴らしい方だなあと思いました。

何かを学ぶのに「遅すぎる」ということは決してありません

人生を、前向きに、これからの可能性をパワフルに生きていく姿を、私も見習いたい気持ちでした。

50年の蓄積してきたものを急に変えることは、出来ないかもしれないけれど、その方は、確実に変わっていっています。
時間はかかるかもしれないけれど、少しずつ出来る事から始められているのでしょう。

こうしてカウンセラーとしてもCLさんに学び、気づかされる事が本当にあります

人生をより良いものに変えていくのも、自分を変えていくのも、CLさんの望む姿に向おうとする、前向きな姿勢と、気づき、が、一番の指針になります。

なぜなら、問題の答えは、実は、CLさんが既に持っている事がほとんどだからです。
問題や出来事が絡まりすぎたり、重すぎたりして、一人の力ではどうする事もできない場合は
そこを引き出すお手伝いを、サポートしているのです。

素晴らしい未来が待っているんだなあ。
きっとより良い生き方を見つけていけるはず。

と、ひそかに見守りつつ、さて、私も、頑張るか・・(笑)
そんな、今日この頃でした。
[PR]
by ortus34 | 2007-02-27 03:10 | 心のケア

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧