気づく力

最近、自分の勉強会の復習をしていて、気がついた事がありました。

少し、元気のない日々が続いていて、この状態を「プチ鬱」 だと、自分で名づけていました。
今回のような、 「プチ鬱」 現象は、年に二度ほど、あるかな~と思いましたが、
こういう気分の浮き沈みは、程度こそ差はあっても、誰にでも訪れるものですよね。

今までの私の場合、ひどく落ち込む、何事にも自信が持てない、前向きなエネルギーが出ない・・などの時は、じっくり時間の経過と共に、そういう気分が過ぎていくのを、待つ方法を多くとっていました。

気分転換に、気のおける仲間と楽しい時間を過ごしたり、思い切りハメをはずして発散したり・・
そんな事も、ありますよね。
これは、心理学用語で 「情動焦点型コーピング」 といって、実際の、心の中で起こっている問題を解決するのではなく、気晴らしをして、ストレスを解消すると言う事です。

反対に、問題に焦点をあてて、解決するために考えたり、行動する事を「問題焦点型コーピング」って言います。

この二つのコーピングを、バランスよく、使っていく事は、とてもベストな方法です。

例えば、気晴らしばかりしていても、問題は一向に解決されず、何度も同じ過ちを繰り返す事になるかもしれませんしね。

少々脱線しそうなお話をもとに戻しますが(^^;)、私は、今回の自称「プチ鬱」というものに対して、ぐっと浸かって、しばらくお付き合いしてみようと思いました。

落ちこむ、自信がない、この、もや~~っとした気持ち、不安感はどこから来るのか・・・
その時の周りの光景は?何が聞こえる?どんな感覚がするのか・・・
一見すると、元気ないつも通りの私、なのですが、いつも、何をしても、誰と会っても、そんなふうにプチ鬱な自分の心と向き合っていました。

勉強している内容で、一番大切なテーマは 「自分に気づく力」 なのですが、自分に気づくためには、一度、事実から目を背けず袋小路にどっぷり入る勇気を持つ事だと学んでいました。
悲しみを怒りで蓋をしてしまうと、感情の出し方を間違ってしまう。
そのエネルギーを、自分の成長のために使うのだ。と。

私は、学んでいた事を、復習で再確認してしまいましたが、この「プチ鬱」とのお付き合いは、まさに、「袋小路」にどっぷり浸かっているんだな・・・という事に気がつき、更に、探究心旺盛な私は、 「プチ鬱」 なにもかかわらず、わくわくした感覚を覚えました。

人は、誰でも「未解決の問題」、「未処理の感情」を持って生きています。
その感情がフラッシュバックするような場面があると、いやな感情が繰り返し起こります。
その感覚を持ち続けていて、更に目を背ける事を続けていると、やがて心の病に、その信号に気がつかないと、今度は身体の病に発展する可能性があります。

この、「未解決の問題」「未処理の感情」を、袋小路に入る事で、自分に気づく力を養います。
この過程で、使うワークはたくさんあるんですが、私は、自分で試しているので、余計時間がかかっているのかもしれません。
でも、今までの 「じっくり時間の経過と共に、そういう気分が過ぎていくのを、待つ方法」 より、よっぽど速いスピードで、解決の方へ向っている事は、とても実感しています。
人生得した気分です♪

そして、やがて袋小路の中で、気づき完了(処理・解決します)する日が訪れます。
自分で自分に、もう、大丈夫!楽なってもいいんだよ!!という「承認」を出します。
そして、新たな 「スタート」 を迎える事ができるのです。

いやな事からは、目を背けて、楽しい事で発散したいと思うのが人間です。
ましてや、落ち込んでいるのに、更に袋小路にどっぷり浸かるなんて、恐いなあ・・・と思いますね。

でも、この 「袋小路」 が、大きな変化と成長へつながる、一番の近道で、魔法のヒントが、隠されているのかもしれませんね。

「プチ鬱」 は、私にとても大切な事を教えてくれた。向き合ってみて本当に良かった。
って、このポジテイブさが、大切ですね(^^)

~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2007-04-25 15:10 | コミュ二ケーション

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧