肯定的意図

ヒトの行動の裏側には、隠された意図があるといいます。

したくないのについしてしまう行動、改善したい否定的な行動・・・
例えば・・・禁煙したいのにすぐ吸ってしまう。ダイエットしたいのに、つい食べてしまう。

こんな否定的な行動をとる事によって、何が得られますか?何を教えてくれようとしていますか?

と聞きます。

例えば、言いたくないのに、つい夫婦喧嘩をして言い争ってしまう→
そんな行動をとることによって何を教えてくれようとしていますか?→

心の開放

更にそこから何を得ようとしていますか?→

お互いの本当の気持ち

そこから更に何を教えてくれようとしていますか?・・・→

相手を思いやる心

更に何を教えてくれようとしていますか?得ようとしていますか→

相手の立場に立って考える事の大切さとお互いの幸せ

・・・・・・といったように、一見否定的な行動から、肯定的意図がみつかります。

やせようと頑張ってダイエットしたいのに、つい食べてしまう・・の肯定的意図は、ストレスの軽減→心の健康維持→自由・・・となった場合、そんな肯定的意図があるんだね、という気づきであって、実際、だからダイエットをするしない・・という部分に結びつけるのではなく、「自由」という感覚を、大切にしているんだね、というところの気づきがポイントです。

仕事で行き詰まったとき、身も心もどん底でした。
そしてそれは何を教えてくれようとしているか?・・・今のままではいけない。そろそろ次の出発の時が来たんだな。と。

更に、そこから何を教えてくれようとしているか?・・・まずはリフレッシュして心身を休めなさい。

リフレッシュする事によって更に何を得ようとしているか?気持ちを切り替えることの出来る余裕と、再び成長を始められる勇気。

余裕と勇気を得ることによって更に何を教えてくれようとしているか?・・・新たな可能性・・・。

肯定的な意図をたどって、その通りに行動してみるのも面白いかもしれません。
肯定的気づきを実際行動に移してみると、体感で、なるほど~。
と味わえるかもしれません。

そこから本当に目を向けるべき事、本当に始めたい事、したいこと・・というのが見えてくるのかもしれません

~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2007-11-16 00:41 | NLP(神経言語プログラミング)

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧