リフレーミング

リフレーミングとは

後ろ向きに考えている事
自分の事を否定的に捉えている事
自信のない部分

そういった一見マイナスなものの捉え方を(フレームを)切り変えて、違う意味を作り出す事をいいます。

例えば、

「私は自分に自信がないんです」 と、言う言葉に対して、

自分に自信がない・・ということを、こうして人に伝えることが出来るのは、勇気のいる事。
これだけでも自信につながる素晴らしいきっかけですよね。


「私は意志が弱いんです」 という言葉に対して、

それだけ、周りの状況をよく観察して、人の意見に耳を傾けているんですね。

「何をしても上手くいかない」 という言葉に対して、

それだけ、いろんな事にチャレンジして、たくさんの経験をされているんですね。

こんな風に、物事の見方や捉え方の角度を、少し変えてあげるだけで、随分状況が変わっていきます。

自信のなかった部分に対し、自信を持てるようになったり
どうせ私は~・・・と自分を否定的に捕らえていた部分が、強みや長所に早変わりします。

それだけではなく、焦りや不安な気持ちを普通の感覚に戻すことが出来ますし、自分の可能性を広げる良いイメージ作りが出来ます。



この前、レコーデイングの最中、高音の声が上手くひろえず、マイクの調子が悪いのか、アンプの調子なのか、スピーカーなのか・・・原因がわからず、レコーディングを一時中断したりして、上手くすすまない時がありました。

スタッフや、歌い手の方の気持ちもだんだん乱れて、イライラしているような空気が流れていました・・・。
歌い手さんはのど飴なめながら待機・・・。

そんな時、思い切ってリフレーミングのお話をしてみました。

「今この時に、何らかのトラブルがあって上手くいかないって事は、もしかすると、少しリラックスし喉の調子を整えることによって、より音域が綺麗に広がり、上手くいくかもしれませんね」

「この時間に今一度、曲作りに対しスタッフの気持ちの確認をする事によって、より良い作品が出来るかもしれませんね」


こんな風に、物事の受け取り方を変えるだけで、違う意味を見出し、ストレスが軽減したり、トラブルに対し、よい意味を作り出したりできるんですよ。

なんて話したら、興味を持っていただき、トラブル解消まで、リフレーミング大会が始まりました(笑)

和やかな雰囲気の中、レコーデイングは再スタート。
素晴らしい作品ができあがりました(^^)。

リフレーミングする方もされる方も、とても気持ちの良いやりとりなんだと思います。
そして、リフレーミングされた方は、暗い場面がぱっと明るい場面に切り替わったり、
あ・・・?!そうか!!
といった、思考の切り替わりに気がつきます。


ネガテイブを、単純にポジテイブにもっていく事とは違うんです
例えば、くよくよしている同僚に、まあそんなに気にするなよ!飲みにいこうぜ!みたいな。

強引に励ます・・・という事ではなく、一見ネガテイブに捉えている物の見方を、違う見方に切り替えるという技法が、リフレーミングです。

人に対してだけではなく、もちろん自分で自分をリフレーミングすることも出来ます。

身近な場面でぜひ試してみてください。
ピンチ が チャンス に、変わっていきます!!


~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2007-11-19 13:22 | NLP(神経言語プログラミング)

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧