老賢人

退院して2週間後の外来に行きました。

レントゲンと、採決の結果、特に問題な部分はなく、引き続き気をつけて過ごすように、と。
問題なくてよかった001.gif

でも、体力はめっきり続かなくなりました008.gif
すぐ風邪を引いたりします。
長い入院の後の復活は本当にいろんな面で大変です。

少しでもお腹ぴりぴりするとかなり恐怖・・・
将来の不安なんかもよぎったり。
恐い夢なんか連続で見たりして、よっぽど今回の病気から来る影響はあるようです。


入院当時、隣のベッドにいた患者さんと院内で偶然すれ違いました

同時期に退院しましたが、手術患部辺りが痛くて、座るのも辛いようです。
トイレの回数も一日30回以上・・・何か口に含むとすぐトイレ・・という繰り返しなんだそうです。
患部が取り除かれても、食事制限が少しましになっても、ついて回るリスク。

五体満足で不自由がなく、何でも食べられる、5感を堪能できるって、普通な事じゃなくて、本当は贅沢な事です。
贅沢なものを最初から持って生まれた人間のカラダは、それだけで素晴らしい生命体です。
それを失わずにいられる人は、健康な体に感謝して日々を大切にして欲しいと切に思います。


「NLPで自己発見」のセミナーへ行ってきました。
NLPの様々な協会が増え、トレーナーが増え、そのマスターやトレーナーがやっている様々な場所でNLPをからめたセミナーが頻発しています。
さりげなく流行ってきましたね・・・018.gif

Rバンドラー派のカリキュラムというか、そういったものが日本では主ですが、NLPに関するアメリカの研究にはやはり深い歴史もありますし、私たちが知らないスキルや考え方もまだまだたくさんあると思います。
私たちが知るNLPはまだホンの一部なのかもしれません。

そんな中、NLPを知ったり、学んだり、するのにどこの団体が良いのか、どこのセミナーが良いのか、迷いますよね。

きっと、これから、今よりもう少し、本物に近いNLPを教えてくれる日本人講師が出てくるでしょうね。
今回のセミナー講師は、Rバンドラーの既成のカリキュラム通りのNLPと、独自のNLPに関する探究心も交えながら、潜在意識の本当の自分というものを意識した、本質を突いたなかなか面白い講義をしてくれて、改めて勉強になりました。


最後に 「老賢人」 のワークをしていただきました。


中略しますが、自分が一番聞きたい質問を、その老賢人にすると、質問の答えが入っている玉手箱を私に差し出します。

玉手箱をあけると、金の小判に、ゆったりとココロを休めて甘えて・・という紙が入っていました


この物や紙のメッセージは、実はもう一人の自分が既に持っている答えなんだそうです。


隣の患者さんは今、退院しても、快適な生活より、現実の痛みや不自由さと向き合う時間の方が多く、なかなかポジテイブな感覚を取り戻すのは大変そうです。
そんな時は、たくさん愚痴や大変だって事、吐き出せる人にうんと伝えて欲しいと思います。
聞く側は受け止めるだけで、痛みや辛さを伴うわけではないので、うんと聞いてあげて欲しいと思ってます。


病気をすると、健康な状態からほんの少しリスクのある生活を強いられますが、ホンのわずかな隙間でも、快適な時間や空間ってあって、幸せだなあ・・って感じる事は出来るんですよね。

私も今、とても不安を感じていて、恐い夢をみます。でも、

その幸せを感じる時間を大切に出来たら、その先には何か、ゆとりある素敵な未来が広がりそうな気がしました。

そう、明日がある限り、私たちは皆 

「順調」

なんです(^^)V


~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com

[PR]
by ortus34 | 2008-01-21 14:52 | コミュ二ケーション

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧