傾聴の技術

カウンセラーは、CLのお悩みの問題を解決するための心理療法の他に、お話を 「聞く」 という部分のテクニックをも学んでいます018.gif

カウンセラーに限らず、会社の経営者や、部下を多く持つ上の立場の方、コンサルタントや営業など、あらゆる場所で、いろんな立場の方にも必要な事なのかなと思います。

自分の話を聞いてもらうのはカンタンだけれど、人の話を 「聞く」 というのは、そう簡単な事ではありません。

傾聴の勉強会でこのテクニックは奥が深いなあと、改めて感じました。

いくら心理学を学び知識と技術を得ても、CLの中で起こっている感覚や流れに寄り添う事をせず、テクニカルな部分で先導しても、うまくいかない場合があります。

エモ-ショナルな部分にばかり気をとられていると、問題の解決になかなか進みません。

CLの内側で起こっている流れに寄り添いながら、テクニカルな部分を提供する。
これが、優秀な人が行う傾聴技術だと思っていました。

ところがこれでは、まだ、CLは心を開かない場合があります013.gif
なぜなら、話を聞く側の人間が・・・平たく言うと 「偉そう」 にしている時があるからです004.gif
必要なものを全て兼ね備えた人が偉そうに話を聞いてるような感じです。

本当にCLが心を開き、聞いてくれている、と感じるのは、話を聞く側の 「人間らしさ」の部分を感じた時です。
その人のかもし出す雰囲気や 「らしさ」 が 「聞く」 技術にとても大切なエッセンスなのです。

聞いてもらえてる、この人になら心を開いてお話できるかも・・・
話を聞いてもらいたい側がそう思う時って、聞く側も、心を開いて向き合っている時です。
そして 「その人らしさ」 をCLが感じた時です045.gif

これは、カウンセラーでなくても、どういう環境のどんな人間関係でも、信頼関係を築き、コミュニケーションをするのに大切なポイントなのかもしれません。

もともと肩書きなんてとってしまえば、皆ただの一人の 「人間」です。
ハートがオープンになった時に、安心感を感じるのは、共通の感覚です。

普段いえない悩みを知らない人にお話しするCLにとっては、お話を聞いて欲しい反面、警戒心があることがあります。
それは当然です。
カウンセラーという人間は、そこをごく自然に 「聞く」 事をし、そこにテクニカルを提供する。そして「人間らしさ」を忘れない。


これは、紛れもなく 「芸術」 の粋です056.gif

さて、カウンセラーなどの専門職以外での皆さんの人間関係でも、ぜひ、生かしてみてください。
カウンセラーのようにやるのはさすがに難しいので、まずは、相手のお話を丁寧に 「聞く」 事をして、充分に労ってあげてください。 お話される側の気持ちを大切にして、あなたらしさをかもし出してみてください。012.gif

初めは、人の話を聞くことの難しさを痛感するかもしれません。

でも、相手に対し、ハートをオープンにしていれば、すぐつかめるでしょう。

誰でも、自分の話は、よーく聞いてもらいたいものです。
だったら、聞く側の「人間」というのも、うまくやってみてください037.gif
とっても喜ばれる上に、誰に対してもとっても役に立つ技術だと思います049.gif

~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal MIind☆ 

ご予約・お問い合わせは
コチラ
info@crystalmind-sq.com


  
[PR]
by ortus34 | 2008-05-21 02:05 | 実存主義コミュニケーション

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧