親子の関係2

~続き~


親も、やはりその親から受けた心理的葛藤が
姿形を変えて、子供に向けられているという
仕組みが存在するのだと気付く事で、
このループを一旦終わらせる事ができます。


子供に影響を与えるのは、親の意識ではなく 無意識です。


想像している以上に、こういった親子の因果は、
計り知れない影響を広げています。



そこに 無償の 「愛」 がなければ 全ては 
愛情飢餓感
からくるものです。


見えてきましたか?


さて、


このテーマの、一番のキーワード



「受け入れる」 です。


インディアンの教えでは、「愛」 の直訳は 「受け入れる」  です。


ありのままの姿を受け入れる事
物事をありのままに受け入れる事



反対に、ありのままを受け入れられない人は


力ずくで、子供の自然な成長を止めようとするし、
怒りや悲しみが、恨みやねたみに変化します。

そうして、知らず知らずのうちに相手をコントロールします。


なぜ?

自分の中の 「劣っている部分」 を守るためです。


今親である人も、
これから親になるであろう人も


子供にとって大事な事は、


子供はこうあるべき、親はこうあるべき、 
「べき」 という、都合のよい理想を押し付けることではないようですね。

親が、子供のありのままの姿を受け入れないでいると
子供は自分を嫌いになってしまいます。


認めてもらえる中で育った子は
自分を大事にします001.gif


はげましを受けて育った子は
自分に自信を持ちます。


励ましに必要なのは寛大さです。
現実の全てを受け入れ、その上で励ます時に、子は自信を手に入れます。


寛大な人の中で育った子は
我慢強くなります017.gif
安心感が、子の大きな力を育てるのだそうです。


公明正大な中で育った子は
信頼と正義心を持ちます。



このように


親の無意識の力で
子供は育ちます。



そして


自分の弱さを素直に受け入れている
親の元で育った子供は



まさに


世界に愛を見つけるのだそうです。



自分をありのままに受け入れられる 「器」 が

人を受け入れられる

 「器」 となるのです053.gif



~ココロとカラダのトータルケア~
☆Crystal Mind☆ 



参考図書~アメリカインディアンの教え~

[PR]
by ortus34 | 2009-05-25 18:30 | 心のケア

世の中の、あらゆる日常の、関わる人への思い、感動、気づきを、心理カウンセラーが綴るブログ。


by Happymind34
プロフィールを見る
画像一覧